0分59秒

韓国海洋調査船、竹島周辺で事前同意なく調査活動

 韓国の国立海洋調査院の調査船が島根県竹島周辺の日本のEEZ=排他的経済水域で、日本側の事前の同意がない状況でワイヤーのようなものを海中に投入していることが確認され、外務省は韓国側に抗議しました。

 外務省によりますと、 17日午後、 竹島西側の日本のEEZで韓国の国立海洋調査院の海洋調査船がワイヤーのようなものを海中に投入しているのを警戒中の海上保安庁の巡視船が確認しました。

 ワイヤーの先には調査機器が取り付けられ、海底の地形や潮流などを調べていたものと見られますが、 外務省は、日本のEEZで事前の同意がなく海洋の科学的調査を実施しているのであれば受け入れられず、即時に中止すべきとして、韓国外務省側に強く抗議しました。韓国側は事実関係を確認すると答えたということです。

 竹島周辺のEEZでは今年1月にも韓国の海洋科学技術院の調査船による同様の活動が確認され、外務省が抗議しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月23日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月23日 15時2分

ニュース番組ダイジェスト

5月23日(火)の政治ニュース

5月22日(月)の政治ニュース

5月21日(日)の政治ニュース

5月20日(土)の政治ニュース

5月19日(金)の政治ニュース

5月18日(木)の政治ニュース

5月17日(水)の政治ニュース

5月16日(火)の政治ニュース

過去のニュース