1分2秒

女子高生殺害、被告の母親「兄弟間での差別感じたのかも」

 東京・江戸川区で女子高校生への強盗殺人などの罪に問われている男の裁判に、男の母親が出廷し、「兄弟間での差別を感じたのかもしれない」と証言しました。

 青木正裕被告(31)はおととし、江戸川区にある自宅アパートで、アルバイト先の元同僚で高校3年生だった岩瀬加奈さん(当時17)を殺害し、性的暴行を加えようとしたうえ、現金などを奪った罪に問われています。

 青木被告は被告人質問で犯行動機について、「友人付き合いの制限などをする母親への復讐の意味で連続殺人をして死刑を考えた」と話していました。証人尋問で青木被告の母親は、「難病になった弟に気をとられ、差別されているとの思いがあったのかもしれない」と話しました。

 また、母親は、岩瀬さんが殺害された翌日に青木被告のアパートを訪れ、玄関先で5分程度話をしたということです。浴室には岩瀬さんの遺体が置かれていましたが、母親は青木被告について、「『帰ってよ』という感じはあったが、特別変わった様子はなかった」と証言しました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月24日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月24日 9時2分

ニュース番組ダイジェスト

5月24日(水)の社会ニュース

5月23日(火)の社会ニュース

5月22日(月)の社会ニュース

5月21日(日)の社会ニュース

5月20日(土)の社会ニュース

5月19日(金)の社会ニュース

5月18日(木)の社会ニュース

5月17日(水)の社会ニュース

過去のニュース