0分44秒

狭山・3歳女児虐待死、同居の男に懲役13年求刑

 埼玉県狭山市で虐待を受けた3歳の女の子が死亡した事件で、母親とともに保護責任者遺棄致死などの罪に問われた男に対して、検察は懲役13年を求刑しました。

 この事件は去年1月、狭山市のマンションで当時3歳の藤本羽月ちゃんが死亡しているのが見つかり、母親の藤本彩香被告(24)と同居する大河原優樹被告(26)が保護責任者遺棄致死などの罪に問われているものです。

 17日の裁判員裁判で、検察側は「無抵抗の女児に暴行を加えるなど無慈悲で極めて悪質な犯行」などとし、大河原被告に対して懲役13年を求刑しました。最後に大河原被告は「取り返しのつかないことをした。後悔してもしきれない」などと涙ながらに述べました。判決は今月25日に言い渡されます。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月24日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月24日 9時2分

ニュース番組ダイジェスト

5月24日(水)の社会ニュース

5月23日(火)の社会ニュース

5月22日(月)の社会ニュース

5月21日(日)の社会ニュース

5月20日(土)の社会ニュース

5月19日(金)の社会ニュース

5月18日(木)の社会ニュース

5月17日(水)の社会ニュース

過去のニュース