1分6秒

トランプ氏、前補佐官めぐりFBI前長官に捜査中止要請か

 アメリカのトランプ大統領に、また捜査介入疑惑です。アメリカのメディアは16日、ロシアとの不透明な関係が問題となり辞任したフリン前補佐官をめぐり、トランプ大統領がFBI=連邦捜査局のコミー前長官に捜査中止を要請していたと報じました。

 ニューヨーク・タイムズの電子版によりますと、安全保障担当のフリン前大統領補佐官が辞任した翌日の2月14日、トランプ大統領はホワイトハウスでFBI長官だったコミー氏と2人だけで会談。トランプ大統領は、この際、「いい人なので、この件は放っておいてくれるといい」と語り、フリン氏とロシアとの不透明な関係を調べていたFBIに対し、捜査の中止を求めたということです。

 これに対し、コミー氏は「いい人だということは私も同意する」とだけ返答し、捜査については言及しなかったということです。コミー氏は大統領との会話を克明にメモしていたということで、その内容をタイムズ紙が報じたものです。

 ホワイトハウスは即座に声明を発表し、「大統領はどの捜査についても中止を求めたことがない」と全面的に否定しましたが、報道内容が事実ならトランプ政権にとって極めて重大な問題になる可能性があります。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

5月23日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月23日 15時2分

ニュース番組ダイジェスト

5月23日(火)の国際ニュース

5月22日(月)の国際ニュース

5月21日(日)の国際ニュース

5月20日(土)の国際ニュース

5月19日(金)の国際ニュース

5月18日(木)の国際ニュース

5月17日(水)の国際ニュース

5月16日(火)の国際ニュース

過去のニュース