1分22秒

北朝鮮ミサイルで安保理緊急会合 “新たな制裁”米中が議論

 北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、国連安全保障理事会は16日、緊急会合を行い、アメリカのヘイリー国連大使は記者会見で北朝鮮への新たな制裁について中国と議論していることを明らかにしました。

 「これは、もはやただの問題ではなく、全世界の国々への真の脅威だ」(アメリカ ヘイリー国連大使)

 国連安保理の緊急会合は日本やアメリカ、韓国の要請で開催され、会合前には3か国の国連大使が合同で記者会見を行い、北朝鮮に対して核・ミサイル開発を直ちに止めるよう求めました。

 会合では、現状の分析や今後の対応策などが議論されたということで、日本の別所国連大使は複数の国から新たな制裁決議が必要だという意見があったことを明らかにしました。

 「圧力を強めていくことが必要だという日本の立場でもありますし、そういう考えに立つ国は何か国かありました」(別所浩郎 国連大使)

 アメリカのヘイリー国連大使は、新たな制裁について「中国は制裁強化について、とても協力的な取り組みをしてくれている」と述べ、中国と議論していることを明らかにしています。安保理が制裁強化を視野に入れるなか、北朝鮮に強い影響力を持つ中国やロシアの対応が鍵となります。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

5月23日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月23日 15時2分

ニュース番組ダイジェスト

5月23日(火)の国際ニュース

5月22日(月)の国際ニュース

5月21日(日)の国際ニュース

5月20日(土)の国際ニュース

5月19日(金)の国際ニュース

5月18日(木)の国際ニュース

5月17日(水)の国際ニュース

5月16日(火)の国際ニュース

過去のニュース