1分38秒

ロシア外相に機密漏えい疑惑、トランプ氏「情報提供は適切」

 アメリカのトランプ大統領が機密情報をロシアのラブロフ外相に漏らしたとされる報道について、トランプ氏は、過激派組織「イスラム国」との戦いで連携するためには情報の提供は適切との考えを重ねて強調しました。

 「ロシア外相との会談は非常にうまくいった。我々は『イスラム国』と戦っている」(アメリカ トランプ大統領)

 トランプ大統領は16日、記者団に対してこのように述べたほか、ツイッターでも「大統領としてテロと航空の安全に関係する事実をロシアと共有したかった。ロシアが『イスラム国』及びテロとの戦いに更に力を入れて欲しい」などとと主張しました。

 「何が機密で何が機密でないのかは明らかにしないが、もう一度言うが、大統領が伝えた情報は完全に適切だった」(マクマスター大統領補佐官)

 また、国家安全保障問題担当のマクマスター大統領補佐官も16日の会見で、大統領がラブロフ外相に提供した情報は「完全に適切だった」としたうえで、同盟国との情報共有に支障が出る懸念はないと強調しました。

 ただ、トランプ氏もマクマスター氏も提供された情報に機密が含まれていたのかどうかについては言及しておらず、野党・民主党はロシアとの関係をめぐる捜査とも絡めて批判を強めています。

 一方、ニューヨークタイムズの電子版は、複数の政府高官の話として、トランプ大統領が漏らした情報は「イスラエルがアメリカに提供したものだった」と伝えました。そして、「イスラエルとの外交関係を損なうだけでなく、ロシアがこの情報をイスラエルと敵対するイランに渡す可能性がある」と指摘しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

5月24日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月24日 13時2分

ニュース番組ダイジェスト

5月24日(水)の国際ニュース

5月23日(火)の国際ニュース

5月22日(月)の国際ニュース

5月21日(日)の国際ニュース

5月20日(土)の国際ニュース

5月19日(金)の国際ニュース

5月18日(木)の国際ニュース

5月17日(水)の国際ニュース

過去のニュース