1分10秒

陸自機墜落4人の死亡確認、管制官との交信「トラブル」なし

 北海道北斗市の山の中で、15日消息を絶った自衛隊機が墜落した事故で、隊員4人全員の死亡が確認されました。

 「残念ながら17時26分、4名の死亡が確認されました」(河野克俊統合幕僚長)

 隊員4人が乗ったLR-2連絡偵察機は、15日、函館空港に着陸する直前に北斗市の上空で消息を絶ち、16日午前10時40分ごろ、袴腰山付近で墜落しているのが見つかりました。機体の近くからは隊員4人が相次いで見つかり、その後、死亡が確認されました。

 偵察機は、緊急搬送が必要な患者を函館空港で収容するため、15日午前11時半ごろに札幌市の丘珠空港を離陸していました。管制官との最後の交信では、機体のトラブルを示すようなやり取りは確認されていないということで、陸上自衛隊は、事故調査委員会を立ち上げ、原因を追究する方針です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月24日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月24日 9時2分

ニュース番組ダイジェスト

5月24日(水)の社会ニュース

5月23日(火)の社会ニュース

5月22日(月)の社会ニュース

5月21日(日)の社会ニュース

5月20日(土)の社会ニュース

5月19日(金)の社会ニュース

5月18日(木)の社会ニュース

5月17日(水)の社会ニュース

過去のニュース