1分22秒

東京・江戸川区の女子高生殺害、知人の男 起訴内容認める

 東京・江戸川区で、女子高校生を殺害した罪などに問われている知人の男の初公判が開かれ、男は「間違いございません」と起訴内容を認めました。

 青木正裕被告(31)はおととし11月、江戸川区にある青木被告のアパートで、アルバイト先の元同僚で、高校3年生だった岩瀬加奈さん(当時17)の首を絞めて殺害し、性的暴行を加えようとした上、現金7500円などを奪った罪に問われています。

 岩瀬さんの両親は、裁判で加奈さんの名前を匿名とするよう希望することも可能でしたが、「事件を無かったことのようにしたくない」と、実名の公開を選択しました。

 「娘は何も悪いことをしていないのに、ただの『被害者』『女子高生』(という呼称)になるのは嫌だと思いました」(岩瀬さんの母親)

 16日に東京地裁で開かれた裁判員裁判の初公判で、青木被告は「間違いございません」と起訴内容を認め、遺族の方を向き「申し訳ございませんでした」と一礼しました。また、検察側は冒頭陳述で「警察の捜査が自分に迫りつつあるのを知ったあとに自ら110番通報した」と指摘した一方、弁護側は「自首したことなどを踏まえ量刑を判断してほしい」と訴えました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月23日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月23日 2時2分

ニュース番組ダイジェスト

5月23日(火)の社会ニュース

5月22日(月)の社会ニュース

5月21日(日)の社会ニュース

5月20日(土)の社会ニュース

5月19日(金)の社会ニュース

5月18日(木)の社会ニュース

5月17日(水)の社会ニュース

5月16日(火)の社会ニュース

過去のニュース