21日
12時52分
1分2秒

バイエル論文代筆問題、塩崎厚労相「徹底的に調査」

 「バイエル薬品」の無断カルテ閲覧問題で、バイエル薬品が医師の論文を代筆していたことについて塩崎厚生労働大臣は、「徹底的に調査する」と話しました。

Q.医師の名義で発表された論文が、実は会社側(バイエル薬品)が代筆した疑いが出たが?

 「厚労省としては、今回の事案を徹底的に調査をする。これが基本です」(塩崎恭久 厚労相)

 この問題は、バイエル薬品が医師に依頼し、患者に無断でおよそ200人分のカルテを閲覧していたもので、その後、バイエル薬品が医師の論文まで代筆していたことがJNNの報道で明らかになっています。

 塩崎厚生労働大臣は21日朝の閣議後の会見で、論文の代筆について「徹底的に調査する」とした上で、次のように述べました。

 「法令順守の面でどういう改善点が必要なのかということを明らかにして、分かった段階で製薬業界に対して、必要な指導を行っていきたい」(塩崎恭久 厚労相)

 厚生労働省はバイエル薬品に対し、文書で調査・報告するよう指示しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

4月26日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:4月26日 7時2分

ニュース番組ダイジェスト

4月26日(水)の特選ニュース

過去のニュース