21日
4時48分
0分48秒

再捜査でDNA型が一致、9年前女性殺害した疑いで女逮捕

 2008年、東京・東村山市のアパートで73歳の女性が殺害された事件で、警視庁は現場の隣の部屋に住んでいた59歳の女を逮捕しました。

 逮捕されたのは東村山市に住む59歳の無職の女で、2008年10月、東村山市の都営アパートで無職の手島公子さん(当時73)の首や胸を刺して殺害した疑いが持たれています。取り調べに対し、女は「私がやったことに間違いない」「大変なことをしてしまった」と容疑を認めているということです。

 女は当時、手島さんが殺害された部屋の隣の部屋に住んでいて、去年警視庁が再捜査した際、手島さんの左手薬指の爪から女のものと同じDNA型が検出され、関与が浮上したということです。警視庁は今後、女の刑事責任能力の有無についても調べる方針です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

4月26日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:4月26日 5時2分

ニュース番組ダイジェスト

4月26日(水)の社会ニュース

4月25日(火)の社会ニュース

4月24日(月)の社会ニュース

4月23日(日)の社会ニュース

4月22日(土)の社会ニュース

4月21日(金)の社会ニュース

4月20日(木)の社会ニュース

4月19日(水)の社会ニュース

過去のニュース