21日
4時07分

国連安保理が報道声明、北朝鮮のミサイル発射を非難

 国連の安全保障理事会は20日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を強く非難し、さらなる核実験を行わないよう要求する報道声明を発表しました。

 声明はアメリカが作成したもので、安保理の15の理事国全ての同意を得た上で19日に発表する予定でしたが、ロシアが内容に異議を唱え、調整が続けられていました。その結果、前回までの声明で問題の平和的解決の手段として記載されていた「対話を通じて」との文言を残すべきだというロシアの主張を、アメリカが受け入れる形でまとまりました。

 「最終的には北朝鮮が問題だということで一致し、どの理事国も北朝鮮が核実験やミサイル発射を続けるのを望んでいないということです」(アメリカ ヘイリー国連大使)

 声明は、北朝鮮に対して、「さらなる核実験を行わないよう要求する」と明記されていて、アメリカは国連でも北朝鮮への圧力を強めたい考えです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

4月25日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:4月25日 15時2分

ニュース番組ダイジェスト

4月25日(火)の国際ニュース

4月24日(月)の国際ニュース

4月23日(日)の国際ニュース

4月22日(土)の国際ニュース

4月21日(金)の国際ニュース

4月20日(木)の国際ニュース

4月19日(水)の国際ニュース

4月18日(火)の国際ニュース

過去のニュース