19日
16時38分
1分15秒

豊洲移転問題、自民幹事長「早く結論出すべき」

 自民党の二階幹事長は、東京都議会議員選挙で争点の1つである豊洲新市場への移転の是非について、「都知事が誰であろうが、早く結論を出すべきだ」と述べ、移転の判断を先延ばしする小池都知事をけん制しました。

 「私は早く結論が出るように努力していただきたい。我々は自民党は、それにいかなる面においても協力することは惜しまない。ここは都知事が誰だろうが、そこを超えて我々はやっていかないといけない」(自民党 二階俊博 幹事長)

 自民党都連は、7月の都議選で築地市場の豊洲への早期移転を公約に盛り込んでいます。自民党の二階幹事長は「関係者は我慢の限界だ。都議選にこだわらず、東京オリンピック、パラリンピックを成功させるためにも、早く結論を出すべきだ」と主張しました。

 その上で、小池知事が移転の是非を判断した場合には「自民党として、いかなる面においても協力することを惜しまない」と強調しました。

 また、講演の中では、18日の夜、二階幹事長と小池知事が会談した際に、二階氏が小池氏に対し、豊洲問題などについて「しっかり頑張れ」と伝えたことも明らかにし、今後も「機会あるごとに相談をもちかけてみようと思う」と述べました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

4月26日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:4月26日 13時2分

ニュース番組ダイジェスト

4月26日(水)の政治ニュース

4月25日(火)の政治ニュース

4月24日(月)の政治ニュース

4月23日(日)の政治ニュース

4月22日(土)の政治ニュース

4月21日(金)の政治ニュース

4月20日(木)の政治ニュース

4月19日(水)の政治ニュース

過去のニュース