19日
18時46分
0分49秒

衆院「一票の格差」是正へ、「0増6減」区割りを勧告

 衆議院の「一票の格差」是正に向けて、国の審議会が小選挙区の定数を「0増6減」する「区割り」の改定案を安倍総理に勧告しました。

 「勧告に基づき、速やかに必要な法制上の措置を講じてまいります」(安倍首相)

 勧告では、小選挙区の定数を青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県で「1」ずつ削減、東京や大阪などを加えた19都道府県・97選挙区で区割りの線引きを見直します。

 2015年の国勢調査に基づくと、新たな区割りでは、選挙区の人口は神奈川16区が最多、鳥取2区が最少で、「一票の格差」は1.956倍となります。しかし、3年後の2020年には東京22区と鳥取1区で再び1.999倍まで広がる見通しです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

4月26日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:4月26日 13時2分

ニュース番組ダイジェスト

4月26日(水)の政治ニュース

4月25日(火)の政治ニュース

4月24日(月)の政治ニュース

4月23日(日)の政治ニュース

4月22日(土)の政治ニュース

4月21日(金)の政治ニュース

4月20日(木)の政治ニュース

4月19日(水)の政治ニュース

過去のニュース