19日
13時48分
1分13秒

宮城・大崎市、行政無線で「ミサイル発射」と誤って放送

 19日朝、宮城県大崎市で防災無線から、「ミサイルが発射され、着弾の可能性がある」といった内容の放送が、誤って市内全域に流れました。

 19日午前8時半ごろ、宮城県大崎市で、屋外や室内に設置された防災無線から「ミサイルが発射され、着弾の可能性がある」などといった内容の放送が流れました。

 「ミサイル発射情報、当地域に着弾する可能性があります」(誤って流れた音声)

 大崎市によりますと、庁舎内で防災無線の試験放送をしようとしたところ、誤って市内全域に流れたということです。大崎市では、直後から訂正の放送を流したものの、市民から苦情や問い合わせがこれまでにおよそ560件寄せられました。

 「びっくりした。訓練があれば早めに訓練情報を流して、それから放送してもらえば安心だ」(誤放送を聞いた人)

 当時、大崎市は北朝鮮の最近の動向を受け、防災無線の音声が正しく流れるかどうか確認中だったということです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

4月26日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:4月26日 5時2分

ニュース番組ダイジェスト

4月26日(水)の社会ニュース

4月25日(火)の社会ニュース

4月24日(月)の社会ニュース

4月23日(日)の社会ニュース

4月22日(土)の社会ニュース

4月21日(金)の社会ニュース

4月20日(木)の社会ニュース

4月19日(水)の社会ニュース

過去のニュース