19日
9時03分
1分7秒

世界経済3.5%成長に引き上げ、IMF見通し

 IMF(国際通貨基金)は18日、今年の世界経済の成長について、先進国経済の回復に伴って、前回1月の予測より0.1ポイント高い3.5%の成長になるとの見通しを発表しました。

 IMFが今週開催される春の定期会合を前に発表した4月の世界経済見通しでは、2017年の成長率は3.5%になるとしています。先進国の経済が循環的な回復の軌道に乗りつつあることから1月時点での予測より0.1ポイント引き上げましたが、2018年の予測は3.6%の成長で据え置いています。

 世界経済の2割以上を占めるアメリカについては、歳出拡大路線への期待から株式などの市場が活況を見せている一方、保護主義による貿易活動の停滞への懸念から、今年については2.3%の成長と見通しを変えていません。

 また、日本をめぐっては、GDP(国内総生産)の統計の際、研究開発費用を「投資」に算入する仕組みに切り替わったことが押し上げ要因となり、0.4ポイント増の年率1.2%に大きく上方修正されています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

4月26日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:4月26日 7時2分

ニュース番組ダイジェスト

4月26日(水)の国際ニュース

4月25日(火)の国際ニュース

4月24日(月)の国際ニュース

4月23日(日)の国際ニュース

4月22日(土)の国際ニュース

4月21日(金)の国際ニュース

4月20日(木)の国際ニュース

4月19日(水)の国際ニュース

過去のニュース