18日
23時26分
5分9秒

62歳女を日本移送へ、7億円集金「ウソだと思う」

 出資法違反の疑いで国際手配されていた62歳の女が日本への移送中に取材に応じ、7億円集めたとの指摘について「ウソだと思う」と話しました。

 日本時間の午後8時ごろ、タイの入国管理当局で多くの報道陣に囲まれていた山邉節子容疑者(62)。金網で囲まれた車両に乗り込みました。

 「日本に帰って取り調べではっきり申し上げますのでお待ちください」

Q.今の心境をひと言だけお願いします

 「複雑ですね」

Q.どういうところが複雑?

 「あまりたくさんお話しできなくてごめんなさい」(山邉節子容疑者)

 山邉容疑者は「元本保証」や「高利息」をうたい、合わせて50人以上から少なくとも7億円を集めたとみられていて、18日夜、日本へ移送されます。バンコクの空港に向かう途中に立ち寄ったガソリンスタンドで、山邉容疑者はJNNの取材に応じました。

Q.出資詐欺など言われてるが?

 「それは、これから取り調べがあり、これから決めていかれることだと思うので、真実をしっかりと述べさせてもらいたい」

Q.「私も被害者だ」という報道もあるが?

 「そういう話がどこから出たのかわかりませんけど、全ては取り調べで話した方がいいと思います。ごめんなさい」

Q.一部報道で7億円全て使ったと

 「それはうそだと思います」

Q.どこがうそ?

 「それも詳しくは言えないので」

Q.7億円という数字は?

 「うそだと思います」(山邉節子容疑者)

 その後、日本時間8時45分ごろ、空港に到着。

Q.山邉さん、お気持ちどうですか?

 「帰りましたらゆっくりお話しします」(山邉節子容疑者)

 山邉容疑者は、空港でも報道陣の問いかけに対して「日本に帰ったらゆっくり話す」と繰り返しました。

 「ご迷惑かけて申し訳ない」

Q.そういう気持ちはあるんですね。被害者ではなく加害者の意識はあるんですね

 「(自分が)被害者だということは言った記憶がありません」(山邉節子容疑者)

 日本への帰国を前に今、何を思うのでしょうか。

 山邉容疑者がタイで逮捕されたのは先月30日のこと。日本で知人らから6800万円を違法に集めたとして、出資法違反の疑いで国際手配されていました。熊本県益城町の豪邸に住み、さらに8キロ離れた隣の村にも別荘を所有していたとみられる山邉容疑者。地元では、節子ではなく、「菜ツ子」と名乗っていたということです。山邉容疑者を知る人たちは・・・

 「報道では『節子』という名前だが、熊本では『菜ツ子』というんですよ。山邉菜ツ子」(山邉容疑者を知る男性)

 「(高価な)持ち物や自宅を見せてもらったり、現金が24時間来ていた状況を見ていたので、その辺を信用して」(被害者の男性)

 一方、集めたお金はどのように使われていたのでしょうか。タイ当局は、山邉容疑者がタイ人の交際相手の家の購入費用に充てたとみていますが、交際相手の男性はJNNの取材に対し、否定しています。

 まもなくタイを出国する山邉容疑者。

Q.容疑は認めているんですね

 「帰りましたらしっかり全部お話ししますので、今しばらくお待ちください」(山邉節子容疑者)

 19日未明にも日本の領空内に入ったところで逮捕される見通しで、その後、熊本へ移送、熊本県警が実態解明にあたります。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

4月25日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:4月25日 15時2分

ニュース番組ダイジェスト

4月25日(火)の国際ニュース

4月24日(月)の国際ニュース

4月23日(日)の国際ニュース

4月22日(土)の国際ニュース

4月21日(金)の国際ニュース

4月20日(木)の国際ニュース

4月19日(水)の国際ニュース

4月18日(火)の国際ニュース

過去のニュース