21日
12時36分
1分13秒

トランプ大統領、イラク首相と初会談

 アメリカのトランプ大統領は、ワシントンを訪問中のイラクのアバディ首相と初めて会談し、過激派組織「イスラム国」の掃討に向けた連携を確認しました。

 「『イスラム国』を一掃するのが我々の主課題だ。我々は『イスラム国』を一掃しようとしている。まさに今それが起きている」(トランプ大統領)

 トランプ大統領は20日、イラクのアバディ首相とホワイトハウスで初めて会談しました。この中で、トランプ氏は「イラクには行くべきではなかったかもしれないが、撤退して空白を作るべきでもなかった」と述べて、イラク戦争を始めたブッシュ元大統領と、戦闘部隊の撤退を決めたオバマ前大統領のイラク政策を批判しました。

 そのうえで、「イスラム国」の最大拠点、北部モスルの奪還作戦が大詰めを迎えていることを受けて、「イスラム国」の掃討に向けて支援を強化していく考えを強調しました。

 一方、アバディ首相は、トランプ氏がイスラム圏の一部の国からの入国を禁止した2度目の大統領令でイラクを対象から外したことに対し、謝意を表明しました。

 「イスラム国」の掃討をめぐっては、トランプ政権は今週22日にワシントンで68の有志国や地域などとの閣僚級会合を開くことになっています。(21日08:30)

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

3月27日(月)のヘッドライン

News i アクセスランキング

更新日時:3月27日 21時2分

ニュース番組ダイジェスト

3月27日(月)の国際ニュース

3月26日(日)の国際ニュース

3月25日(土)の国際ニュース

3月24日(金)の国際ニュース

3月23日(木)の国際ニュース

3月22日(水)の国際ニュース

3月21日(火)の国際ニュース

3月20日(月)の国際ニュース

過去のニュース