18日
2時23分
2分9秒

豊洲移転決定直前の市場長「決めたのは石原元知事」

 豊洲市場問題で来月行われる参考人招致。誰が、いつ移転を決めたのかが焦点の1つですが、移転が決まる直前まで、市場の最高責任者を務めた元幹部がJNNの取材に答え、豊洲移転を決めたのは「石原元知事だ」と証言しました。

 「移転をしようというふうに私が判断した時点で報告したのは、『豊洲しか可能性はありません』というお話はしました。あまり具体的なことは指示がなかったように記憶している」(大矢実 元中央卸売市場長)

 1999年6月から2年間、東京都の中央卸売市場長を務めた大矢実さん(74)です。就任当初、築地市場の再整備をするのか、移転をするのか、まだ決まっていなかったといいます。

 Q.浜渦元副知事が「豊洲移転は青島元知事の時代に決まっていた」と話しているが?

 「あ、そう。いや全然承知していない。それはちょっと信じられないですね」(大矢実 元中央卸売市場長)

 大矢さんは、豊洲移転を決めたのは石原元知事だと証言します。

 「何回かの知事レクの中で知事にご裁可いただいたという経過ですね。浜渦さんは担当副知事ですから、いろいろ経過は説明しておりました」(大矢実 元中央卸売市場長)

 そして、土壌汚染は、当時の東京ガスとの交渉では大きな話題にならなかったといいます。

 「東ガスは汚染の問題については私には一切話しませんでしたね」(大矢実 元中央卸売市場長)

 東京都が東京ガスと豊洲移転で基本合意したのは、2001年7月。大矢さんはその直前に退職したため、最終的な汚染処理対策などはわからないということですが、今でも、「豊洲移転しか道はない」と主張します。

 「私が赴任したときも築65、6年たっていますから、いろいろな事故があるんですね。そうすると残されたのは豊洲ですよ」(大矢実 元中央卸売市場長)

 都議会の特別委員会は石原氏を参考人として呼ぶことを全会一致で決め、石原氏も応じる意向を示しています。(17日23:54)

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

2月23日(木)のヘッドライン

News i アクセスランキング

更新日時:2月23日 16時2分

ニュース番組ダイジェスト

2月23日(木)の社会ニュース

2月22日(水)の社会ニュース

2月21日(火)の社会ニュース

2月20日(月)の社会ニュース

2月19日(日)の社会ニュース

2月18日(土)の社会ニュース

2月17日(金)の社会ニュース

2月16日(木)の社会ニュース

過去のニュース