21日
14時04分
2分34秒

学校法人への寄付金集めに安倍首相の名、首相「一切関係ない」

 野党が「怪しい取引だ」と追及したのは、大阪府の学校法人への国有地の売却問題です。

 去年6月、国が売却した土地に建設が進められている小学校。問題とされているのはその売却額です。土地の評価額が9億5600万円なのに対して、実際の売却額は1億3400万円とおよそ7分の1の価格なのです。一体、なぜなのか?

 「学校の建設工事中に新たな地下埋設物が見つかり、そこにさまざまなごみ等が発見された」(財務省 佐川宣寿理財局長)

 建設中に地下で見つかったごみの処理費用として8億円あまりを差し引き売却した、と国は説明しています。

 「8億円も値引きしてるってことは、本当にごみ除去が必要なのか、精査するのは国の役割では」(民進党 福島伸享議員)

 「不動産鑑定士にさら地の価格を鑑定していただき、そこから大阪航空局が積算した埋設物の撤去費用を差し引くのがいわゆる時価なので、適正な価格で売っているということ」(財務省 佐川宣寿理財局長)

 さらに民進党は、この小学校の名誉校長を務めているのが安倍総理の昭恵夫人だと指摘。その上で、「安倍総理の名前を使って寄付金が集められていた」と指摘しました。

 「ご寄付を賜りました方には、安倍晋三記念小学校の寄付者銘板にお名前を刻印し、顕彰させていただきます。こうした名目でお金を集めているということを総理はご存じでしたでしょうか」(民進党 福島伸享議員)

 「そもそも、今、話を伺ってですね、これ初めて知ったわけですが、小学校をつくりたいんで安倍晋三小学校にしたいという話があったが、私はそこでお断りをしてるんですね」(安倍晋三 首相)

 安倍総理は学校や寄付金と自らとの関係を否定。その上で次のように述べました。

 「私も妻も一切、この認可にも、あるいはこの国有地の払い下げにも関係ないわけであって、私や妻が関係していたということになれば、私は総理大臣も国会議員も辞めるということは、はっきりと申し上げておきたい」(安倍晋三 首相)

(17日23:51)

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

2月23日(木)のヘッドライン

News i アクセスランキング

更新日時:2月23日 16時2分

ニュース番組ダイジェスト

2月22日(水)の政治ニュース

2月21日(火)の政治ニュース

2月20日(月)の政治ニュース

2月19日(日)の政治ニュース

2月18日(土)の政治ニュース

2月17日(金)の政治ニュース

2月16日(木)の政治ニュース

過去のニュース