18日
1時18分
1分14秒

不法移民対策を強化するトランプ政権に抗議の声

 7歳のときに不法移民の親に連れられてアメリカに入国し、オバマ前大統領が導入した制度で強制送還を免除されていた男性が西部ワシントン州で逮捕され、不法移民対策を強化するトランプ政権に対して抗議の声が広がっています。

 逮捕されたのはメキシコ出身でワシントン州シアトル近郊に住むダニエル・ラミレスさん(23)で、オバマ前大統領が導入した「DACA」と呼ばれる不法移民に関する制度の対象者でした。「DACA」は不法移民の親に連れられて入国しそのままアメリカで育った若者に対して強制送還を免除する制度ですが、ラミレスさんは今月10日、不法移民の取り締まりを行う捜査当局に拘束されました。

 「DACA」の対象者は全米で75万人とされていて、ニューヨークでは16日、ラミレスさんの逮捕を受けて、数百人が参加する抗議デモが行われました。

 「不安でおそれを感じています。私も次にやられるかもしれない。ここで暮らすために戦い続けます」(「DACA」の対象者の女子大学生)

 「移民社会にとって一線を越える事件で、多くの人が恐怖を感じています」(抗議デモの主催者の男性)

 捜査当局はラミレスさんがギャングの元メンバーで犯罪歴があったとしていますが、ラミレスさん側は否定していて、17日にシアトルの裁判所で審問が行われるということです。(17日16:13)

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

2月23日(木)のヘッドライン

News i アクセスランキング

更新日時:2月23日 16時2分

ニュース番組ダイジェスト

2月23日(木)の国際ニュース

2月22日(水)の国際ニュース

2月21日(火)の国際ニュース

2月20日(月)の国際ニュース

2月19日(日)の国際ニュース

2月18日(土)の国際ニュース

2月17日(金)の国際ニュース

2月16日(木)の国際ニュース

過去のニュース