15日
20時12分

都内で初、高病原性鳥インフル確認

 東京で初めて高病原性の鳥インフルエンザが確認されました。

 東京都によりますと、今月3日、足立区で回収された渡り鳥のオナガガモの死骸のウイルス検査の結果、高病原性「H5N6亜型」の鳥インフルエンザと分かったということです。都内で鳥インフルエンザが確認されたのは初めてです。死骸が見つかった場所から10キロ圏内には埼玉県・千葉県も含まれますが、養鶏場はないということです。

 この冬、鳥インフルエンザは全国で212件確認されていて、都は野鳥の監視を強化するとともに、都立動物園の鳥類の一部展示を中止するなどしています。(15日18:57)

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

2月22日(水)のヘッドライン

News i アクセスランキング

更新日時:2月22日 5時2分

ニュース番組ダイジェスト

2月22日(水)の社会ニュース

2月21日(火)の社会ニュース

2月20日(月)の社会ニュース

2月19日(日)の社会ニュース

2月18日(土)の社会ニュース

2月17日(金)の社会ニュース

2月16日(木)の社会ニュース

2月15日(水)の社会ニュース

過去のニュース