11日
19時22分
2分43秒

仏留学生不明事件、チリ人の男が友人に「信用してくれてありがとう」

 フランスで日本人留学生の黒崎愛海さんが行方不明になっている事件で、国際手配されたチリ人の男とつい最近連絡をとった友人がJNNの単独インタビューに応じました。

 「(セペダ容疑者は)友達としては良い人です。思いやりのある人で、何か必要なときはすぐに駆けつけてくれ、手伝ってくれる人です」(セペダ容疑者の友人)

 JNNの単独インタビューに応じたニコラス・セペダ容疑者の友人。セぺダ容疑者は、親切で勉強家の優等生だったといいます。

 「彼は独学の人で、いつも本ばかり読んでいて、日本語の勉強も本だけで、日本に行く前からたくさん勉強していました」(セペダ容疑者の友人)

 そんなセぺダ容疑者が、フランスで日本人留学生の黒崎愛海さんが行方不明になっている事件で、殺人などの疑いで国際手配されたとのニュースを初めて聞いた時、大きな衝撃を受けたと語りました。

 「冗談かとも思いました。(チリでは)12月28日は(エープリルフールのように)冗談でうそをつく日なので」(セペダ容疑者の友人)

 「チリの検察当局前です。フランス側に捜査の内容を回答したあと、チリ側の捜査は一旦中断しています。今後、フランス側が身柄の拘束を求めるかのどうかが注目されます」(記者)

 そんな中、この友人が、最近、2回にわたってSNSで送ったメッセージに対して、セぺダ容疑者から返信があったというのです。

 「すぐに返事をくれて、“じゃあ元気でね、会えるといいね”と書いてありました。私が“分かった。できれば私と会うためにも時間を空けておいてね”と返したら、“今は忙しいし、やる事があるから3月くらいにね”と返事がありました。(私は)“分かったよ。そしたら、またの機会にね、バイバイ”と返しました。それは1月3日火曜日のことです」(セペダ容疑者の友人)

 この時は、一般的な会話に終始したという2人のやりとり。次にやりとりしたのは、その6日後でした。

 「その後に彼と話したのは、きのう(10日)で、私から元気?と聞いたら、“元気だよ、落ち着いてるよ”と返してきました。“ここでは私のサポートがいつもあるからね”“安心して、私がいつもいるからね”と伝えたら、“僕の事、信用してくれてありがとう”と返事がありました」(セペダ容疑者の友人)

 チリの検察当局は、先月12日以降、チリから出国していないことは確認しているものの、国内のどこにいるかは調べていないということで、事件の真相解明には時間がかかりそうです。(11日14:35)

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

1月17日(火)のヘッドライン

News i アクセスランキング

更新日時:1月17日 13時2分

ニュース番組ダイジェスト

1月17日(火)の国際ニュース

1月16日(月)の国際ニュース

1月15日(日)の国際ニュース

1月14日(土)の国際ニュース

1月13日(金)の国際ニュース

1月12日(木)の国際ニュース

1月11日(水)の国際ニュース

1月10日(火)の国際ニュース

過去のニュース