11日
18時46分

オバマ大統領がお別れ演説、「違いを乗り越え連帯を」

 アメリカのオバマ大統領が、任期最後の演説です。

 地元シカゴでの演説。滲んだのは、トランプ現象も意識した「アメリカの民主主義への危機感」でした。

 「アメリカの建国者たちは論争し妥協し、後に続く我々も同様だろうと考えた。でも彼らは、民主主義には“連帯”という基本的な感覚が必要だと分かっていた。意見や立場の違いはあれども、みんな一体なんだ、浮くも沈むも一緒なんだという感覚です。今、私たちの多くが、たこつぼに引きこもって同じような意見の人たちに囲まれているのが快適だと感じている。安心が得られるので真偽の程はさておき、自分たちの意見に合う情報だけ受け入れ、現実に基づいた意見を持たなくなっている」(アメリカ オバマ大統領)

 そして、国民一人一人が違いを乗り越え、民主主義を守っていくことを呼びかけました。「大統領としての最後のお願いは、私ではなく、あなたたち自身に変革を可能にする力があると信じることです。Yes We Can.Yes We Did.Yes We Can」(アメリカ オバマ大統領)

(11日16:43)

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

1月17日(火)のヘッドライン

News i アクセスランキング

更新日時:1月17日 13時2分

ニュース番組ダイジェスト

1月17日(火)の国際ニュース

1月16日(月)の国際ニュース

1月15日(日)の国際ニュース

1月14日(土)の国際ニュース

1月13日(金)の国際ニュース

1月12日(木)の国際ニュース

1月11日(水)の国際ニュース

1月10日(火)の国際ニュース

過去のニュース