11日
8時35分
0分52秒

米・トランプ次期政権の閣僚候補、承認手続き開始

 アメリカのトランプ次期大統領が指名した閣僚候補の承認手続きが、10日、議会上院で始まり、司法長官に選ばれたセッションズ上院議員に対する審査が行われました。

 セッションズ上院議員は、FBI(連邦捜査局)などの捜査・司法当局を束ねる司法長官に指名されましたが、大統領選で早くからトランプ氏を支持してきた1人で、「論功行賞の人事」とも指摘されています。

 「国境を繰り返し侵犯する者は訴追する。こうした犯罪に、精力的、効果的、速やかに対処するのが私の優先事項だ」(セッションズ上院議員)

 上院司法委員会での公聴会でセッションズ氏はこのように述べ、不法移民対策を強化する考えを強調しました。

 保守強硬派として知られるセッションズ氏は、過去の人種差別的な発言が問題視されていて、傍聴席では抗議のため立ち上がる人が相次ぎ審議が度々中断しました。(11日05:33)

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

1月17日(火)のヘッドライン

News i アクセスランキング

更新日時:1月17日 13時2分

ニュース番組ダイジェスト

1月17日(火)の国際ニュース

1月16日(月)の国際ニュース

1月15日(日)の国際ニュース

1月14日(土)の国際ニュース

1月13日(金)の国際ニュース

1月12日(木)の国際ニュース

1月11日(水)の国際ニュース

1月10日(火)の国際ニュース

過去のニュース