10日
22時26分
0分50秒

武田、米製薬会社を6200億円で買収へ

 大手製薬会社の武田薬品工業は、がんの治療薬に強みを持つアメリカの製薬会社をおよそ6200億円で買収すると発表しました。

 武田薬品工業は、アメリカの製薬会社「アリアド・ファーマシューティカルズ」を54億ドル(およそ6200億円)で買収すると発表しました。子会社を通じてTOB(株式の公開買い付け)を行い、来月末までに完全子会社化します。

 アリアド社はがんの治療薬に強みを持ち、血液がんの一種である白血病の治療薬については去年1年間で1億8000ドル程度の売り上げを見込んでいるほか、肺がんの治療薬も開発しています。

 武田薬品はがんを重点分野に位置づけていて、クリストフ・ウェバー社長は今回の買収について「重点を置く戦略を推進する絶好の機会」だとしています。(10日16:15)

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

1月17日(火)のヘッドライン

News i アクセスランキング

更新日時:1月17日 13時2分

ニュース番組ダイジェスト

1月16日(月)の経済ニュース

1月13日(金)の経済ニュース

1月12日(木)の経済ニュース

1月11日(水)の経済ニュース

1月10日(火)の経済ニュース

過去のニュース