10日
6時40分
0分52秒

トルコ 大統領権限強化巡り“憲法改正案”審議

 トルコの国会で9日、大統領の権限を大幅に拡大する憲法改正案の本格審議が始まりました。野党は、エルドアン大統領の独裁化につながると猛反発しています。

 改正案では大統領を行政のトップと位置づけ、現在の首相府を廃止して副大統領職を新たに設けるほか、副大統領や閣僚の任命権、さらには政令を出す権限など大統領の権限を大幅に拡大する内容となっています。

 大統領制への移行はエルドアン大統領の長年の悲願で、改正を推し進める与党・公正発展党は政治的安定につながるとして一部野党の協力を得て国会を通過させたうえで、早ければ今年の春にも賛否を問う国民投票を行いたい考えです。最大野党の共和人民党は憲法が改正されれば、エルドアン大統領のさらなる独裁化につながると猛反発しています。(10日03:09)

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

1月17日(火)のヘッドライン

News i アクセスランキング

更新日時:1月17日 13時2分

ニュース番組ダイジェスト

1月17日(火)の国際ニュース

1月16日(月)の国際ニュース

1月15日(日)の国際ニュース

1月14日(土)の国際ニュース

1月13日(金)の国際ニュース

1月12日(木)の国際ニュース

1月11日(水)の国際ニュース

1月10日(火)の国際ニュース

過去のニュース